トップページ > 貸したい方へ > 空室原因の分析

空室原因の分析

なぜ空室なのか?客観的に分析することが大切!

空室が目立つ

どんなに立派なアパートを建設しても、入居者がいなければ経営が成り立たず土地活用の成功には至りません。全国の賃貸住宅の空室率は増加傾向にあり、長期空室物件も増加の一途を辿っています。空室が埋まらない理由とは、一体どのようなものなのでしょうか。景気が悪い、少子高齢化が進み人口が少ないといった、世の中の情勢に因るものもありますが、まずは何が理由で空室なのかを客観的に分析してみる事が大切です。

空室・退去の原因を探る

空室・退去の原因を探る

●入居者が利便性の悪い(郊外)場所から良い場所(中心部)に住み替えている。
●新築分譲マンションが大量供給され賃貸からの脱出が増加した。
●老朽化した実家を二世帯住宅に建替えて親と同居する。
●マンションデベロッパーが売れ残り分譲マンションを賃貸に回している。
●新興の小規模オーナーが先行きのリストラ、退職金、年金不足対策として安定収入確保のため参入を始めており供給過剰気味である。
●入居率の悪い事務所ビルをリフォームして賃貸マンションへの用途変更(コンバージョン)が増加している。
●周辺家賃の相場を知らない
●外観が汚い、暗い
などマイナスポイントは正直誰も言ってくれません。だからあえて自分でそこを見つけ出さなくてはいけません。
デメリットを理解することで、メリットも必ず見えてきます。

所有している物件の現実的な要因も考えられます。そのためには良きパートナーとなってくれる「幸成不動産」をお選びいただく事が重要になります。

貸主様相談 貸主様相談


物件を貸したいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。地域密着の幸成不動産が徹底的にサポートいたします。


物件賃貸のご相談 物件賃貸のご相談


物件を貸したいと思ったら、お気軽にご相談ください。

【営業時間】9:00~18:00
【定休日】水曜日、隔週火曜日


028-632-8878

現状確認!

オーナー大家さんご自身のチェックからスタート

空室原因が大家さんご自身?

以下のチェック項目にひとつでも該当すれば長期空室の原因のひとつは、大家さんご自身の可能性があります。

  • 長期空室の部屋を一度も見ていない。(リフォームの状態を把握していない。)
  • 相続したアパートのため空室対策・賃貸管理は、全て管理会社任せにしている。
  • 最後にいつ不動産会社と空室の状況について打ち合わせをしたか不明。
  • 入居者募集図面・空室図面・空室募集サイトを見ていない。
  • 空室が出ても入居者の募集条件は、とりあえず前回と同じ条件にする。
  • 現在の空室の反響状況(問い合わせ件数、案内件数)がわからない。
  • 管理会社とは、付き合いが古く長期空室でも強くものが言えない。
  • 空室対策は、とにかく最後は家賃を下げれば空室は解消すると思っている。
  • ローン返済があるので建物管理や空室対策にあまり費用をかけたくない。
  • 賃料相場や賃貸住宅のトレンド・空室対策方法について考えていない。

長期空室には必ず原因があります。上記の例は、大家さんにも原因がある場合です。賃貸管理会社任せにして無関心な点です。長期空室を解決するには大家さんご自身がまず動かなければなりません。まずは、お気軽に幸成不動産へご相談ください。
他、賃貸管理上(更新契約・敷金精算・家賃滞納・入居者クレームなど)のお悩み・お困り事もお気軽にご相談ください。

貸主様相談 貸主様相談


物件を貸したいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。地域密着の幸成不動産が徹底的にサポートいたします。


物件賃貸のご相談 物件賃貸のご相談


物件を貸したいと思ったら、お気軽にご相談ください。

【営業時間】9:00~18:00
【定休日】水曜日、隔週火曜日


028-632-8878